Illustratorで簡単に矢印を作る方法

Illustratorで簡単に矢印を作る方法

Illustratorで矢印を作るとき、どうしてますか?方法はいくつかあるとおもいますが、今回は線を矢印にする方法をご紹介。知っているようで意外とベテランでも知らない便利なので是非活用しましょう!
※この記事を書いている時点で使用しているIllustratorのバージョンはCC2015.2です。

ということで、まずは線を引きます。
塗りはナシ、線には何か適当に色を設定しましょう。

line01

また、線パネルはオプションを表示させておきましょう。

line02

次に線を選択し、線パネルの「矢印」から、矢印の種類を選びます。
左側はパスの視点に、右側はパスの終点に矢印を適用できます。
また、「倍率」は、矢印の先端の大きさを調節できます。

line03

矢印の種類はこんなあるんです!

line04

ちなみに、パスの始点と終点は簡単に入れ替えることができます。

line05

線の太さと矢印の大きさを調整する

線幅を太くすると、それに比例して、矢印の先端も大きくなっていきます。そうなると、バランスが悪くなったりするので、気に入らない時は手動で微調整をしましょう。下記に、線幅と倍率の簡単な比較図をまとめました。

line06

内容やデザインにもよりますが、倍率は50〜60だとバランスが良い感じがしますね。

「プロファイル」を活用すれば、skitch風矢印も簡単に!

線パネルの一番下にある、「プロファイル」は、線の部分の形状を変えることができます。これと矢印を組み合わせれば、skitch風の線も簡単に作ることができます! プロファイルの形状はデフォルトで6種類入っているので、イラストを書く時なども活躍しそうな機能ですね!

line07

 

以上、Illustratorで簡単に矢印を作る方法でした。
また一つ、効率化に成功ですね?

 

…0.5秒を積み上げろ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

DTPデザイナーを経てちょくちょくWEBデザインもやりつつWordpressをいじりったりしながら日々Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。
メールはこちら

アーカイブ

外部アプリで効率化

  1. Finder上のフォルダを一発で Adobe Bridgeで表示させる Applescript
    デザインの作業を便利にしてくれる機能が満載の、Adobe純正の高機能ファイラー、Adobe …
  2. デザイナーなら知っておきたい、 作業を効率化するAdobe Bridgeの 便利な使い方5選
    皆さん、Adobe Bridge使ってますか? そもそも使い方がわからない、っていうか…
ページ上部へ戻る