【Premiere Pro】テロップや効果音を効率的に一括で入れる方法、便利ツールの使い方

(Premiere Pro) テロップや効果音を 効率的に一括で入れる方法、 便利ツールの使い方
年々盛り上がりを見せるYouTube。
YouTuberをめざして、日々動画編集が日課になった、なんていう方も増えたのではないでしょうか。

動画編集ソフトは、Windows・Mac共に無料で使えるものもあるので、スタートはそれを使う方も多いと思います。

しかし、慣れてくると、効率やクオリティを上げたくなります。そうなると次なるアプリケーションの選択肢として有力になるのが、Adobe premiere Pro。

サブスクリプションなので、ランニングコストはかかるものの、プロクオリティを目指すなら動画編集ソフトはpremiere Proがやはりおススメ。というか、外せない。

その他のAdobeのデザインソフトとの連携もスムーズなので、本格的に動画編集をするなら導入したいソフトです。安くはありませんが…。

そのPremiere Proでも、テキスト原稿をテロップ入れは基本的に手作業

動画で面倒なテロップ入れ。プロも使うpremiere Proならば、一気にスパッとテロップを入れる機能があるんでしょ?
答えはノーです。
CC2020の時点で、デフォルトの機能でテロップを一気に入れる機能はないようです。

Webを検索すると、色々な方がテロップの効率的な入れ方を紹介されています。
基本的には、
・レガシータイトルを分割する
・Photoshopで、一気にタイトルを作る
といったものでしょうか。

もちろん、これらの方法はシーンによってはとても有効で、実際に私も取り入れています。

編集が容易なエッセンシャルグラフィックスで一気に流し込みたい

しかし、テロップ挿入においては、修正があったときにサッと編集できる、エッセンシャルグラフィックスでテロップを流し込めないかなぁといつも思っておりました、
というか、テロップ入れなんて頻繁にある作業なのに、標準で一気にテロップがついてないのはなぜなのか。

個人的には動画編集の仕事を頻繁にやるわけではないので、そもそもアプリケーションに慣れづらいこともあったのですが、手作業で入れるにはあまりにも効率が悪い。何か良い方法はないか。

効率的にテロップを入れる方法を模索しておりました。

外部サービスと連携することで、テロップを一気にいれることは可能

最近ではVrewというソフトで、動画内の音声を自動で認識してテロップ化してくれるサービスもあるようです。
ここでは細かい説明は省きますが、YouTubeで音声を全てテロップ化したい場合には重宝すると思います。
ただ、精度は完璧とは言い難く結局打ち直しが必要にはなりそうですが、0からテロップを入れるよりは楽です。

しかし、予めテキスト原稿があるものをテロップとして一括挿入するには不向きです。

ということで、一気にPremiereにテロップ入れるツール「ジゲンの早撃ち」作っちゃいました。

何か…何かないかと調べていくと、premiereはどうやらXMLでファイルをインポートできるらしい。

premiereには、xmlファイルをシーケンスとして読み込むことができるということ。
ということは、要はxmlを出力できればいい。

じゃあExcelでなんとかなるかも。

ということで作ってみました。
その名も「ジゲンの早撃ち」です。

ロゴもちょっとルパンっぽく

ルパン三世に登場する次元大介。早撃ちの名人ですよね。仕事が早い。
彼のように動画編集の仕事もバババッと終わらせたい。

そういう願いと、字()幕・テロップの原(ゲン)稿を早く打てるところから
「ジゲンの早撃ち」と名付けました。

基本的な利用の流れ

  1. あらかじめ動画を編集したpremiereのドキュメントを用意
  2. テロップを入れたい部分にマーカーをつけ、それをCSVで書き出し
  3. 効果音などを挿入したい場合は、1で用意したpremiereファイル(.prproj)と同階層もしくはそこにフォルダを作り、音声ファイルをあらかじめ入れておく
  4. 「ジゲンの早撃ち」Excelのシートにテロップのテキスト原稿を入力
  5. 同様に、インポイントの時間を入力。この時、先ほど書き出したCSVからコピペすると楽です。
  6. 出力シートをコピーしてxml(UTF8 )ファイルにコピペ、保存。
  7. premiereで、xmlを読み込むと、映像なしでテロップや音声が反映されます。

という流れなのですが、文章だと分かりづらいので説明動画をどうぞ。

ダウンロード

Boothかnote、どちらからでも購入できます。
中身は同じですが、Boothの方が安いです。

■Booth購入ページ(1290円)

https://efficiencydesign.booth.pm/items/1924596

■note購入ページ(1490円)

https://note.com/efficiencydesign/n/nd86da1cbc27c

スポンサーリンク

動作確認環境

■Excelファイル

・WindowsのExcel 2013、MacのOffice365のExcelで動作確認済み
・Mac用のLibreOfficeでも動作確認済み。Excelをお持ちでなくても使えます。

■インポート用Xml ファイル

・Mac、Windowsの、Adobe premiere Pro2019、2020で確認済み
・2018もエッセンシャルグラフィックスがあるのでイケるとはおもいますが、未検証です。

免責事項

このページで配布・紹介しているツールを使用するにあたり、以下の項目に同意したとみなします。
・転送・販売・配布を禁止します。
・このツールによって起きるいかなる不具合や損害も当方は責任を負いかねます。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

時短したいなら読んでおきたい本

10倍ラクするIllustrator仕事術 ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

神速Illustrator[グラフィックデザイン編] CC対応【電子書籍】[ 五十嵐 華子 ]

created by Rinker
¥3,080 (2020/04/03 04:39:41時点 楽天市場調べ-詳細)

プロフィール

DTPデザイナーを経てちょくちょくWEBデザインもやりつつWordpressをいじりったりしながら日々Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。
メールはこちら
ページ上部へ戻る