【Illustrator】新聞記事の切り抜き怪文書みたいな処理を簡単に作れる!文字のサイズ・角度・フォント等を一瞬でランダムに変更してくれるスクリプト

            みたいな処理を簡単に作れる! 文字のサイズ・角度・フォント等を 一瞬でランダム に変更してくれる スクリプト

文字をランダムに角度を変えたり、ガタガタな感じにする処理。意外と手間がかかります。文字が長ければ長いほど手間です。
というか、なんでもそうですがランダムな処理を手作業で行うって、意外と難しく、バランスをとるのに時間をとられます。

例えばよくあるのが、新聞記事の見出しをバラバラに切り抜きいて作った、怪文書みたいな処理の加工文字タイトルを作りたい時などでしょうか。

一文字づつフォントやサイズを変えるのはなかなか面倒です。
そんな時、以下で公開されているスクリプトが便利です。

■クリエイター手抜きプロジェクト[287]Adobe Illustrator CS3/CS4/CS5編 文字のサイズやフォントをランダムに設定する/古籏一浩 – 日刊デジクリ
http://bn.dgcr.com/archives/20110905140200.html

このスクリプトを使えば簡単に、文字のランダムな処理を行うことができます。とても便利です。ありがたや。
現状、公開されているスクリプトは3つあります。
使用頻度によりますが、似たようなスクリプトは1つにまとめてラジオボタンで選んだ方がショートカットキーを節約できるので、1つにまとめたほうが何かと便利だと思い、誠に勝手ながらまとめさせて頂きました。


スクリプトの内容

1.文字のベースラインだけをガタガタにするスクリプト


まずは1つ目。一文字づつ、ベースラインのみをランダムに上下左右にガタにしてくれます。ベースラインシフトとトラッキングの値がランダムに変更されます。

2.ベースライン+角度+サイズをランダムに変えてくれるスクリプト


1の動きに加え、各文字の角度・サイズもランダムに変えてくれます。
角度の微調整は文字タッチツールで手動で修正できます。

3.ベースライン+角度+サイズ+フォントを変えてくれるスクリプト


1,2の動きに加え、フォントもランダムに変更してくれます。
これを使うと、新聞記事の切り抜きの怪文書みたいな処理を簡単にできます。
デフォルトではヒラギノ角ゴ、と小塚ゴシック、小塚明朝体が指定されていますが、スクリプトを少しだけいじればお好みのフォントにすることも可能。

使い方

テキストオブジェクトを選択してスクリプトを実行。3つのパターンのどれかを選んで実行してください。

ダウンロード

noteよりダウンロードしてください。無料です。
https://note.com/efficiencydesign/n/neb71d9ac4c7c

見やすいランダム感を出すなら

文字の大小は、「正規表現でフォントサイズをランダムするスクリプト」と組み合わせると、見やすくメリハリのあるランダム感をパパッと作ることができます。

色々参考にさせて頂いたサイト

Adobe Illustrator CC 2015自動化作戦

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

時短したいなら読んでおきたい本

10倍ラクするIllustrator仕事術 ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

神速Illustrator[グラフィックデザイン編] CC対応【電子書籍】[ 五十嵐 華子 ]

created by Rinker
¥3,080 (2020/06/05 10:22:56時点 楽天市場調べ-詳細)

プロフィール

DTPデザイナーを経てちょくちょくWEBデザインもやりつつWordpressをいじりったりしながら日々Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。
メールはこちら
ページ上部へ戻る