MACでwindowのようにキー1つで「英数」「かな」を切り替えるKarabiner-Elementの設定方法

Windowsでは「半角/全角」ボタン1つで日本語と英数の切り替えを行う事ができます。
macの場合は「英数」「かな」というボタンが存在して、それぞれを押さないと入力モードを切り替えることができません。
これはある意味便利ではありますが、限られたキーを有効活用するという点においてはデメリットとなります。

ということで今回は、Karabiner-Elementというアプリケーションを使って、キー1つで入力モードを切り替える方法をまとめました。

【このページの内容は動画でもご覧いただけます】

まずはKarabiner-Elementをインストール

Karabiner-Elementはmacのキー配列を色々カスタムすることができる、フリーのアプリケーションです。
「mac使っているけどwindowsみたいなキー配列にしたい」「もっと効率よくキーを使えるようカスタムしたい」という要望を実現できます。
Karabiner-Elements – Software for macOS

設定画面の「Complex Modifications」を開く


インストール後、メニューバーのにあるKarabiner-Elementの「Preferences…」から設定画面を開いたら、「Complex Modifications」タブを開きます。
左下にでてくる「Add rule」をクリックすると、ルールを追加できる画面が出てきます。


上部の「Import more rules from the Internet (open a web browser)」をクリックすると、
Karabiner-Elementの様々なルールをダウンロードできるwebページが開きます。

出てきたWEBページでルールを検索


出てきたwebページの検索バーで「ja」と検索します。
すると様々なルールのセットが出てきます。
その中から「For Japanese(日本語環境向けの設定) (rev 4)」をインポートします。

セットの中から「英数·かなキーをtoggle方式にする」を追加

インポート後ルール追加画面に戻ると、先程インポートされた、入力モード切り替えに関する様々なルールのセット一覧が表示されます。
「コマンドキー(左右どちらでも)を単体で押したときに、英数·かなをトグルで切り替える」
「英数·かなキーを他のキーと同時に押したときに、Optionキーを送信する」
など様々なルールがあります。

今回は
「英数·かなキーをtoggle方式にする」
を選び、右側の「Enable」をクリック。


Complex Modificationsタブに「英数·かなキーをtoggle方式にする」が追加されました。
これで「英数」もしくは「かな」キーのどちらでも、押すたびに入力モードを切り替えられるようになりました。

まとめ

Karabiner-Elementはkeyboardに関する色々なカスタムができます。自分なりの使い勝手の良さを追求して、作業効率を高めましょう。

【参考記事】
日本語入力の切り替えはトグルじゃダメ、の件

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

時短したいなら読んでおきたい本

10倍ラクするIllustrator仕事術 ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

created by Rinker
¥2,618 (2019/12/15 17:15:40時点 楽天市場調べ-詳細)

神速Illustrator[グラフィックデザイン編] CC対応【電子書籍】[ 五十嵐 華子 ]

created by Rinker
¥3,080 (2019/12/15 17:29:33時点 楽天市場調べ-詳細)

プロフィール

DTPデザイナーを経てちょくちょくWEBデザインもやりつつWordpressをいじりったりしながら日々Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。
メールはこちら
ページ上部へ戻る