バックアップファイルのバージョン管理(世代管理)が楽に!「HidtoryHidtory FilrDpAr」

Illustratorで素早く、楽にバックアップを残す方法

1つの案件が進行している時、必ずと言っていいほど修正が入ります。
そして、その度に修正前のデータは都度バックアップしておく必要があるかと思います。
そうしてバックアップのバージョン管理をしておくことで、お客さんに「ごめんやっぱ修正前のデザインに戻して」とか言われても、すぐ対応できるわけです。
(※ここで言うバージョン管理とは「世代管理」のことで、Illustratorのバージョンのことを指しているわけではありません。)

バックアップを取る場合のプロセスは、

  1. 「backup」など、任意のフォルダを用意
  2. そこに修正前のファイルをコピー
  3. コピーしたファイルのファイル名を必要に応じてリネーム(重複による上書きを防ぐため、日付や番号などを入れる)

という流れになることが多いと思います。

これを修正の度にやるのは、意外とめんどくさい。
macならTimeMachine使えばいーじゃんという意見もあると思いますが、古いデータをさくさく探すには向いていない気がするし。

そこで、バックアップの小さな手間を減らすアプリ

このデザインデータのバージョン管理に便利なのが、「HidtoryHidtory FilrDpAr」!!
corecaraさんで素晴らしいアプリを公開されていました。Adobe AIRのアプリなので、Windowsもmacも両方使えるのとこと

https://corecara.biz/?cat=app&id=HistoryFileDpAr

使い方は、バックアップをとりたいデータをアプリのアイコンにドラッグアンドドロップするだけ。
自動的に「修正前」というフォルダが追加されて、その中に日付と時間が記載されたバックアップファイルが生成されました!

ちなみにmacの方はツールバーに登録しておくとすごく便利ですよ!!

HistoryFileDpAr02

今回はIllustratorファイルでやってみましたが、他のファイルでも試した結果問題なくバックアップをとることができました!

 

…0.5秒を積み上げろ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

DTPデザイナーを経てちょくちょくWEBデザインもやりつつWordpressをいじりったりしながら日々Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。
メールはこちら

アーカイブ

外部アプリで効率化

  1. Finder上のフォルダを一発で Adobe Bridgeで表示させる Applescript
    デザインの作業を便利にしてくれる機能が満載の、Adobe純正の高機能ファイラー、Adobe …
  2. デザイナーなら知っておきたい、 作業を効率化するAdobe Bridgeの 便利な使い方5選
    皆さん、Adobe Bridge使ってますか? そもそも使い方がわからない、っていうか…

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る