残業したくないグラフィックデザイナーなら知っておきたい、作業の効率を上げるための4つのテクニック

残業したくないグラフィックデザイナーなら知っておきたい、作業の効率を上げるための4つのテクニック

普段何気なくデザインの仕事をしていると、疑問にすら思わないけどよくよく考えると面倒な作業って、山ほどあるんですよね。
特に会社に属していて、決まったルールやルーチンの中で作業していると尚更無駄に気付きにくいと思います。

以前は、仕事の効率的を上げるための本質的な部分をまとめました。

残業したくないグラフィックデザイナーなら知っておきたい、作業の効率を上げるための3つの仕事の本質

というわけで今回は、私が実行している、日常のデザイン作業を少しでも短くするためのテクニック的な部分のヒントをまとめました。

スポンサーリンク


よく使うアプリケーションの機能を徹底的に知り尽くす。

Illustrator、Photoshop…仕事で使うアプリケーションは、実に多機能ですよね。
多機能が故に、知らないと損してる機能って割りとあるんですよね。

普段自分が使わなそうな機能も、参考書やらサイトやらで調べると、以外と目からウロコだったりします。知り尽くすだけでも時間はかかりますが、その分知って活用すれば作業時間が何倍も短縮できることって実際にかなりあります。

私の例で言うと、新卒で入った会社で、毎月の月末に数百点の画像を2〜3人で補正する作業がありました。当時はPhotoshopのバッチ処理機能を誰も知らず、みんな全部手動でやっていました。なので丸3営業日ほどその作業に時間を費やしていました。
バッチ処理の存在を知ったのはその会社をやめてからでした。
バッチ処理を知った直後、「あの頃にこの機能を知っていて活用できたら、3日の作業が1日もあれば終わってたのに…あの時間…ムダだったなちくしょう!」という思いが生まれ、結果的にそれがキッカケとなって今のの効率化マニアへと変貌を遂げることになりました。

ショートカットを徹底カスタマイズ。

「なるべくショートカットを使え」というのはよく言われると思いますし、多くの方が取り入れていると思います。
まずはデフォルトのショートカットを使いこなす。これは基本ですね。

でも意外とやらないのが、作業の中で頻繁に発生する動作を見出し、その動作に関連するオリジナルのショートカットを設定すること。

Illustratorでも、「え、これショートカット設定できたの?」っていう機能、結構あるんです。

ちなみにデフォルトのショートカットキーを変更するのはためらってしまうという方が割といますが、変えちゃってもいいんです!
人や作業内容によりますが、デフォルトのショートカットは、作業によっては使用頻度が低いものがあります。
使わないショートカットがあるなら、そのキーは、もっと使用頻度の高い、違う機能を割り当てる方がいいです。

毎日使うアプリケーションではその方が絶対やった方が効率が上がります。

マウスでカチカチやるのは面倒だし効率が悪いので、なるべくショートカットをキーボードに割りふりましょう!

フリーのアプリケーションソフトを活用する。

例えば画像をリサイズしたい時。
デザイナー、オペレーターの方だったら、大抵はPhotoshopを使いますよね。
画像数枚なら、Photoshopで手動でリサイズをすれば済む話だと思いますが、
100枚だったらどうでしょう?
Photoshopのアクション機能や、バッチ処理を使うのも1つの手だと思います。
でも場合によっては、リサイズに特化したアプリケーションソフトを使ったほうが意外と効率が良かったりします。
Photoshopは多機能で色々できるのですが、多機能ということは操作がシンプルではなく複雑になりがちです。
mac、windows共に、フリーでも優秀なアプリケーションはたくさんあります。

特にフリーのアプリケーションって、大概は機能がシンプルでやれることは限られているものが多いと思います。
逆に言えばそれは、そのやれることに特化したアプリだということですよね。
なので、操作もシンプルだったり。

このように、メインで使っている多機能アプリケーションと、フリーのアプリケーションを色々知って使い分けることも、作業によってはかなり効率化になると思います。

例として、画像のりサイズに特化したアプリを少しだけご紹介。

iMage Tools【mac】
httpss://itunes.apple.com/jp/app/image-tools/id493949693?mt=12&ign-mpt=uo%3D4

縮小専用。【windows】
https://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se153674.html

また、macの場合、標準で入っているソフトでもリサイズができます。

【参考記事】
Mac標準機能で画像を一括リサイズする2つの方法【mac】
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2015-06-20

上記のページでも紹介されていますが、macのautomatorは使いこなすとかなり便利です。
覚えるまでちょっと億劫ですが、あらゆる作業を簡単に自動化できるアプリケーションなので、一度覚えればかなり強力な効率化の武器になります。

スクリプトを活用する

スクリプトって何?
一言でいうと、ちょっとした魔法のようなものです。
要は、アプリケーションの標準機能にはない、オリジナルの機能を実行できてしまうプログラムのことですね。
昨今のAdobe製品の主要なアプリケーションでは、javascriptやVisual Basic、AppleScriptが使えるようになっています。

プログラミングとか難しそうで苦手なんだよねー…と言う方でも大丈夫。
ネット上では無料で公開されているものも数多くあります。
それらのファイル必要に応じてダウンロードし、実行するだけなので複雑な作業はありません。
このブログでもスクリプトを色々紹介していますのでご一読ください。

カテゴリ:スクリプト

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

DTPデザイナーを経てちょくちょくWEBデザインもやりつつWordpressをいじりったりしながら日々Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。
メールはこちら

アーカイブ

ページ上部へ戻る